このサイトの記事の URL 構造と表記方法を変更しました

これまでは各記事の URL は次 ↓ のようにしていました。

http://yoshiyukiharigae.com/記事の日本語 URL/

具体的にはこんな ↓ カンジです。

パッと見は日本語で URL が表記されているのですが、実態としては文字コードになっているのでなんのこっちゃ分からないし、長いです、、、
(´・ω・`)

こうですね ↓

という訳で記事の URL を次の 2点で変更しました。

  1. URL を英語表記に変更
  2. URL の構造を変更

 

<AD/広告>

 

 

URL の英語化

前述の通り URL を日本語にしていても実態は文字コードなので意味をなしません。長いし。
これをシンプルに英語で表記することにしました。

 

URL の構造変更

次のように変更しました。

http://yoshiyukiharigae.com + 【記事の名前】

http://yoshiyukiharigae.com + 【カテゴリー名】+【記事の名前】
(サブカテゴリーがある場合はそれも入ります)

サイトの構造をそのまま URL で表現しました。
これまでもそうしていたつもりだったけど、実はカテゴリー名入っておらず記事名だけだった、、、orz..

 

パーマリンク設定の仕方

wordpress ではこの辺の変更が簡単に出来ます。
設定>パーマリンク設定 から変更するだけ。

これでサブカテゴリーがある場合にもちゃんと入ります。

 

変更理由

いわゆる SEO 対策と、僕自身もよくやりますが URL の末尾部分を削って一つ上の階層に直接アクセスが可能になります。
そのカテゴリーに興味がある場合には、この方法でカテゴリーのトップページの表示が可能になります。

 

URL 変更に伴う問題点とその対策

URL の英語化は一つずつ手で行う必要があります。これから書く記事はそうしていきますし、既存の記事も人気のある記事は手直ししていきたいと思っています。ただ、全部で 300以上のページがあるので全てを手動で直すのはムリですね、、、

もう一方の URL にカテゴリー名をプラスするという構造変更は前述の設定変更に伴い一斉に自動的に全ページが書き換わります。
いずれにせよ URL 変更に伴い次のような問題がありまして。。

  1. リンクが切れる
  2. これまでのページへのアクセスの記録が引き継げない
  3. これらに伴い Google 等の検索サイトの評価が下がりアクセス数が減る

1 リンク切れ

しょうがないのですが、このサイト内のリンクも外部サイトからのリンクも全て無効になります。
以前の URL にアクセスしようとするといわゆる 404 エラーになります。

 

2 アクセス記録が引き継げない

お陰様でこのサイト開設以来 2017年末現在で 35万を越えるアクセスをいただいています。
この記録自体は Google Analytics や WordPress の Jetpack 等で残るのですが、新しい URL へは引き継げないので合算はされません。

 

3 検索サイトの評価とアクセス数の低下

これは予測していなかったのですが、リンクが切れたりとかこれまでのアクセス数実績がなくなったりでページの評価が下がったようです。
この結果、オーガニック検索結果に(なかなか)表示されなくなり、アクセス数が減るという負のスパイラルが発生しました。
正直痛いですね、、、

 

対策

こういう問題点がありつつも今回の変更を行ったのは、やっぱりこれまでの 5年弱の期間よりも今後を見据えてですね。
これからの未来の方が断然長いので。

対策と言っても全てのリンクを繋ぎ直したりとかアクセス実績を引き継ぐというような効果てきめんなドンピシャリ凄い対策は残念ながらありませんw

せめてもの対策として 404 エラーページを少し手直ししましたがちょっと長くなりましたのでエントリーを改めたいと思います。

 

<AD/広告>

 

各種 SNS アカウントでコメントできます