false が false だった話w

以前の職場で「オレは VBA とかプログラミングすげぇんだゼ」って自分で言ってた人が false を見る度に「あ〜、ファルスか〜」とか「いや〜、値がファルスになっちゃてさ〜」とか言っててよく笑いを誘っていたww

今の職場でも先日「ファルスが・・・」「ファルスであり・・・」って言ってる同僚がいた、、、

(´・ω・`)

今の職場はクライアントが外資のグローバル企業で JPAC | APAC の担当者は全員ネイティブまたは準ネイティブで常に英語で遣り取りをしている。(その彼だけ英語が出来ない)
こりゃマズいと思って「それはフォールスって読むんだよ」と教えてあげたら驚愕の答えが返ってきた。

 

「マジっすか!? 前の職場ではみんなファルスって言ってたんで、、、」

 

ってそれこそマジかよww!!??

 

 

そりゃ〜いつまで経っても ズィーじゃなくてゼットな訳だよね、、、

(´・ω・`)

 

* 念の為。当エントリーは彼らを卑下したり貶めたりする意図は全く無く、日本の英語教育や ICT 教育の敗北が残念であるという主旨ですので、誤解のなきようにお願いします。

 

各種 SNS アカウントでコメントできます