積年の憧れだった上高地へ♬ 初日:平湯キャンプ場でキャンプ

ここに 2冊の雑誌とムックがあります。
2005年の上高地のネイチャーウォークガイドと 2007年の山と渓谷。タイトルは聖地 上高地。更にそれ以前からアウトドアを楽しんだり憧れるようになってからずっと行きたいと思っていた字義通り聖地です。

写真挿入

20年 25年憧れ続けてきた上高地にようやく行くことができました (・∀・)!!

初日:平湯キャンプ場でキャンプ

お盆の混雑も一段落して逆に夏休みも終盤・残りわずかという 8/25日・26月・27火と 2泊3日で。上高地へのアクセスも良い平湯キャンプ場をベースとしました。

日曜出発のメリット

以前は都内に住んでいまして八ヶ岳等中央道でアクセスの良い山梨・長野に行くことが多かったです。そしてその先の上高地にもいつかは行きたいと夢見つつなかなか実現出来ずにいました。

その後今は千葉県に住んでいまして、どうしても中央道に出るまでに都内を経由しなければならず渋滞がイヤで山梨・長野方面は足が遠のきました。逆に茨城・栃木・群馬や福島等の北関東〜南東北で遊ぶことが多くなりました。

それでもちょっと調べてみると日曜日はほぼ渋滞も避けられるようだったので日・月・火という日程にしました。
あと、前日土曜日に準備やクルマへの荷物の積込みができるというメリットもあります。

平湯キャンプ場を選んだ理由

上高地でキャンプと言うと小梨平のキャンプ場というか野営場というか。
上高地はマイカー規制されているので小梨平でキャンプと言ってもバス等でバックパックでテント等一式を持ち込んでということになります。僕もソロ用のテントは持っていて以前は八ヶ岳の山の上の方で山岳キャンプをしたりとかありました。小梨平で一つ残念だったのは僕がなかなか行けないうちに焚火が禁止になってしまったことです。。。山岳キャンプでは珍しいというかほとんどありませんが、それ以外のキャンプでの楽しみといえばやっぱり焚火は欠かせません。

一方で平湯キャンプ場の存在を知らなかったのですが、上高地へのアクセスも良くサイコーということが判明しましたw
さわんどやあかんだな等いくつかある上高地へのアクセス拠点の一つというかあかんだなに隣接していてバスターミナルがあります。上高地までバスで 25分。
標高 1200m の山の中でオートキャンプが出来て平湯温泉のひらゆの森にも歩いて 10分。という訳で平湯キャンプ場となりました。

平湯に向けて出発!

結局前日、妻が終日クルマで外出してしまい積込みが当日になってしまいました、、、 (´・ω・`)

10時過ぎ、積込み完了して出発。いくら日曜日であまり渋滞しないからとい言ってちょっと遅いよなぁ〜、、、反省。そしてこれが後々まで響いてきます。

結局中央道は府中の辺りで事故渋滞で 30分程余計にかかるとのこと。Google Map の検索でも中央道よりも圏央道〜東北道経由で佐久方面から南下してアクセスした方が早い、と。
でもあまり変わらないのなら久しぶりに中央道走ろう!通る頃には事故渋滞も解消しているかもしれないし。

走っていて思ったのですが、中央道って東名高速道路と並んで日本の大動脈ですが、造られたのが古いから概ね 2車線しかなくてダメダメですね。僕は最近は常磐道の利用が圧倒的に多いので 3車線を見慣れていて、交通量は断然多いのに 2車線しかない中央道にビックリです。

事故車両は既に撤去されていましたが渋滞は解消していませんでした。完全に停まってしまわずノロノロでも動いているのが救いだった。

ようやく渋滞を抜けて談合坂でランチと思ったのですが、ここがゲロ混み、、、
中で食べるのは諦めてパンを買ってクルマで食べました。パン 2つとコーヒーで 800円。。
(´・ω・`) 大失敗。反省2

その後は順調で昔良く通った勝沼・甲府盆地〜八ヶ岳・小淵沢の辺りも今日これから行く平湯に比べると近いなぁなどと思いながら通過。
諏訪湖まで来るとだいぶ近づいたなぁってなりました。

松本で高速道路を降りると、松本市街からビーナスラインには以前も来たことがあるけど、逆側上高地方面は初体験のエリアです。
松本電鉄に沿って国道 158号を西へ。この 3桁国道は道路自体も道沿いも狭く感じました。
松本方面へ向かう反対車線がかわいそうなぐらい渋滞。多分ただでさえ日曜日でそういう傾向があるところにロードバイクを積んだクルマが多かったから乗鞍辺りでイベントでもあったのかな?

松本電鉄終点の新島々を過ぎると山あいというか梓川に沿ってワインディング区間に。こちら車線もクルマは一杯で混んでいたので全然スイスイ走れた訳じゃないけれど、それでもこのワインディングは楽しかった♬

ダム湖の梓湖を過ぎると今度はトンネル区間。良く造ったなぁというトンネルが続く。結構狭く感じるけどバスやダンプも結構走っている。釜トンネル手前中ノ湯で直進上高地方面を羨ましく思いつつ左折。このトンネルの極めつけの安房トンネルへ。

抜けると平湯料金所で平湯温泉、平湯キャンプ場もスグ。
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!! 到着!

平湯キャンプ場チェックイン〜新平湯温泉 Aコープで買い出し

念願の平湯キャンプ場に来られて嬉しそうなワイ

まずチェックイン。もともとウェブで予約してあったので名前を告げる程度で受付もスムーズ。2泊分の料金と、ついでにお隣の平湯温泉ひらゆの森のチケットも購入。ただでさえ 500円と安いのが 400円で買えるのです。

そのままキャンプ場には入らずにまずは新平湯温泉の Aコープに買い出しに。
クルマで片道 10数分なので遠い訳ではないけれど往復すれば 30分近くになるしちょっとムダだった。よっぽど生鮮食料品を買うとかでなければ地元で買ってくるとかした方が良さげ。
松本からの道中ではそういうお店は気付かなかったけど探せばあったのだろうか? あればそれがベスト。
今復習しつつ地図見てたら 158から少し離れればスーパーっぽいお店もあるし、新島々に「上高地方面最終コンビニ」wというセブンイレブンがあるからこの辺が無駄も少なくて妥当かな。

憧れの平湯キャンプ場♬ ここをキャンプ地とする!

オートキャンプ場に入ると結構混んでてビックリ (・∀・)!!
「え?今日日曜だし、もうチェックアウトタイム過ぎてるよね??」やっぱり余裕コキ過ぎて到着遅いと良ポジも取れずダメですね、、、

ゆっくりと場内走りながら良さそうな場所を物色。予備知識があまりなく、どなたかのブログで見た「国道に近い場所だと車の通過の音が気になるかも」というのだけ気にしつつ。
ここにしようかなぁと停まると隣のサイトが上の方にあり見下される格好になっていてちょっとイヤかな、と。結構高低差があります。
で、高い方=奥の方にどんどん進んで行くことになり結構一番奥の方にすることになりました。後で気付いたのですが、結構道路に近かった、、、

あとトイレが遠いのが地味に不便だった。あまりトイレに近いのもそれ自体ちょっとイヤだし、人通りが頻繁なのもちょっと。程良い所が空いているとも限らず、なかなか難しいですね。

国道のクルマは交通量自体がそう多くないしこの日は特に気になりませんでした。
川の音が大きく感じたけど、それはこのキャンプ場ならどこでも同じでしょう。

今回良かったのは一番奥まった高いところだったしスグ近くは空いていたので(不便だから?)静かでプライバシー的にも良かったです。
イマイチだったのは前述の通りトイレが遠くて不便だったことだけど、これは二律背反しているのでバランスですね。
あと、林間で空が見えなかったこと。これもバランスが難しい、、、

まずは設営

さて、Aコープで買ってきたビールを飲みながらテントとタープを張ります。

SNS とかで良く見かける刺身とかにすれば良かったなぁ、、、なかったのかな? 覚えてないw

ところで、気温が 20℃しかありません (・∀・)!! 涼すぃ〜

テントはいつもの Snowpeak アメニティドーム。今で言うところのアメニティドーム M です。

もともと娘たちとキャンプする用に買ったテントなのでソロで使うにはデカいデカい。かと言ってソロ用のテント Landbreeze Solo も持ってはいるのですがこれは本当にソロ用でコンパクトなのでクルマキャンプでわざわざそんな小さいのにする必要もなく、アメド M を贅沢に使っています。

あ、アメニティドーム購入以後は逆に娘らはキャンプ付き合ってくれなくなってしまい、デカいアメドはソロでしか使ったことがありません、、、
(´・ω・`)

今回はそれにコンパクトなタープのペンタ(ペンタシールド)を向かい合わせの形でセットしました。
そして、ご覧の通り ↑ 結構引きの絵ですが他のキャンパーやテントは写っておらず、とても良いカンジです♬
ソロキャンプなので一旦設営はここまでにして他の道具はまだ出さず、お隣の温泉:ひらゆの森でリラックスしてくることに。

平湯温泉・ひらゆの森

温泉が隣接しているキャンプ場なんてサイコーですね。歩いて 10分程です。キャンプ場自体も広いし。

近づくと結構な硫黄臭でサスガ本格的な温泉地!

入湯するとお湯は白濁していて湯の花も舞う本格的なものでした。
サウナもあって、サウナ←→水風呂と繰り返し、整ってしまいましたw
露天風呂がサイコーにキモチ良く、ちょうど夕暮れのゴールデンタイムで段々空の色がピンク→紫と変わっていき 山に来たなぁと実感しました。

焚火&ステーキディナー

キャンプ場に戻るとお楽しみの始まりです。
と言いつつ、いつも使っているチャコールスターターを忘れてアセった、、、
筒状になっていて煙突効果で炭に素早くガッツリ火がつくというヤツです。
しょうがないので牛乳パック(これも筒状。着火剤としても有能)を使ったり、着火剤やらガムテープ(これも着火剤として有能)つ使ったのですがなかなか炭に火が着かず、、、
結局発想の転換でもう薪・焚火いっちゃおうってことで薪にはスグに火が着きました。焚火が安定したところで手前で炭もキメて熾火になったところで炭焼きタイム。
それにしても良かった良かった。今後はもう着火剤系とかチャコールスターターは不要だな。まずは焚火からキメて炭に移そう。

スノーピークの焚火台 S。小さいので良いのです。ってかこの大きさ(小ささ)が丁度良い

夜になると更に気温が下がって 13℃。寒いくらいです。
焚火の暖かさがちょうど良い♬

焚火台の手前を炭焼きエリアにして、奥で焚火を継続するスタイル♬

ステーキうま〜 ただでさえ美味しいステーキ、炭焼きだとスモーキーな風味も加わって更にウマ〜♬

ステーキに合わせてお酒もワインにシフト。大好きなエリタージュにしました♬

お腹がいっぱいになると、あとはもう焚火を眺めつつウィスキーを飲みつつ。
焚火、いつまでも・いくらでも眺めていられる♡

降るような星と天の川

自分のサイトは木々に覆われていて空はあまり見えなかったのですが、それでもその間から見える星が何やら凄いことになっている!
そして、最後にトイレに行った時に開けた場所で上を見上げるとビックリしました。

天の川、本物の山にでも来ないとなかなか見られず、これをずっと見ていられる空の開けたサイトにすれば良かったなぁと思うなど。
明日は移動しちゃおうかな などと思いつつ眠りにつきました。

明日は念願の上高地トレッキングです。

 

 

各種 SNS アカウントでコメントできます