KBM メタルセッションライブ@上野御徒町

KBM メタルセッションライブに参加/出演させていただきました♬
場所は上野御徒町のジャムセッション。
ウチからはつくばエクスプレス一本で行けて便利でした。
新御徒町駅からは少し歩くのと、アメ横を有する御徒町って実はスゲー混んでてなかなか歩きづらいのが少し意外でしたが。

参加しておいて、そういえば「KBM」って何だろうと疑問だったのですが、イベントの冒頭に主催のあつやさんから解説があって明らかになりました。
曰く、「っと、ビータルセッションと同じくらい楽しいよ」とかなんとかw
そうだったのか〜
そう、このイベントは実は 5月にあった BABYMETAL カヴァーセッションライブのある意味続編だったのです。

今回のセッションライブは「メタル/ハードロック縛り」で、僕は 2曲ほど演らせていただきました。

1. Crying in The Rain / Whitesnake

ギター等楽器を手に取ると思わず弾いちゃうフレーズとかリフってありませんか?
人によってはそれが Deep Purple / Ritchie Blackmore の BRUN だったり、Ozzy Osbourne / Randy Rhoads の CRAZY TRAIN だったりするでしょう。
僕はそれが、この Crying in The Rain でして。
John Sykes の 3連単音のあのリフが何故かタマらなく好きで、いつも気付くと思わずピッキングハーモニクスを「ピュイ〜ン」と言わせていますw

という訳でこの曲、超大好きなのですが今までグループ/バンドで演ったコトがなく、、
今回このチャンスを得られてサイコーにハッピーでした♬

このビデオ、業務用のプロ仕様の機材で撮ったとのことで絵が超絶キレイ♬
その分、僕のダサい白くて長い靴下に目が行ってしまい、、w
演奏よりもまずココに目が行ってしまって、「うわッ、恥ずかしぃ〜」となりましたww

note:次はくるぶしまでのスニーカーソックスにする
(`・ω・´)キリッ

ドラムの聖樹(セイジュ)さんはベビーメタルセッションライブにも参加したナイスガイで超絶テクニカル。
その時は曲が被らなかったので共演はありませんでした。
今回初めてご一緒できてとても嬉しかったです。
この曲はどちらかというとゆったりしたテンポでテクニカル要素も少な目なのですが、こういう曲もウマかった〜
ギターソロの後半でツーバスがドコドコくるパートがあるのですが、それに合わせるのがサイコーキモチ良かった♬

ベースはやえずさん。
おそらく今回ベースの最多出場。
僕が 2曲でお腹いっぱいだったのとは正反対の余裕でした。
この曲も余裕のグルーヴ、重低音で Seiju さんと一緒に引っ張ってくれました。

ボーカルは Miwa さん。
女性ですが、時々グロウル(ガテラル)が混ざって超クール♬
&(男性に比べると)小柄ですが、パワフル !
思わず最後、絡ませていただきました (・∀・)!!

metal session live crying in the rain

さて、今回のサウンドメイクですが、クリーンなトーンが必要なかったのと、Marshall JCM2000 が使えたので、ボードは使わずマーシャルに直挿ししました。

男は黙って直挿し!w

ところがちょっとトラブル発生。
JCM2000 はクリーン、クランチ、リードと 3系統の音/チャネルを使えます。
当然、「リード」を使いたかったんだけど、なぜかクランチから切り替わらず、、、
(´・ω・`)
サクさんにも来て貰ってみてもらったのですが、変わらず。。

まぁそこそこ歪んで悪くない音だったのでそのまま使いました。
結果的に別段悪い音じゃなくて良かったです。
なお、演奏終わった後で判明したのですが、フットスイッチが繋がっている場合はアンプ本体では切り替えできず、フットスイッチで切り替えなかければならなかった とのこと。
そのフットスイッチはアンプの上に乗っていて分かりませんでした、、、

2. 2 Minutes to Midnight / Iron Maiden

もう 1曲演奏させていただいたのが、アイアンメイデンの名曲、2 Minutes to Midnight
名盤 Powerslave の中で Aces High と並ぶキラーチューン。

ドラムはセイジさん。
おそらく今回のドラム最多出場♬
終わったあとで、「速ぇぇ!」って言ってましたが、演奏中はラウドで安定したドラミングで皆を引っ張ってくれました。

ベースはうらっちさん。
AC/DC の Tシャツを着つつも、見た目、全然メタルっぽい風貌ではないのですが、クールなフィルイン等バッチリ決めてくれました。
やっぱメイデンはベースですね (・∀・)!!

僕と一緒にツインギターを奏でてくれたのは ryo さん。
ギターも実際の演奏もテクニカルな方です。
この曲はメイデンの曲ながら、「ツインギター」みたいなハモりとかがあまりなくて、ちょっと残念でした。
実はマーシャルも僕が使わせて貰っちゃったし、イントロのリフの美味しいところも弾かせて貰い、超絶いい人でした。
ありがとうございました。

ボーカルは鈴木蓮如さん。
実は、当初違う方の予定だったのですが、当日体調不良で不参加となり、急遽のピンチヒッターだったのです。
そんなこと微塵も感じさせない堂々の歌いっぷりがサスガ。
(・∀・)!!
経験豊富で慣れてるなぁっていう余裕が伝わってきました。
そして、こういうことが可能なのも名曲中心のセッションライブの良い点ですね〜

♬♬
僕は普段ライブの前と最中は基本的にお酒は飲まないのですが、今回は生ビールを 2杯いただいてしまいました♬
(その為に機材を軽くして駅までクルマ使わず歩いたw
こういう気軽さもセッションライブの良い点ですね。
とても楽しいイベント参加でした。

この後参加者がほとんど行ったという二次会があったのですが、僕はエントリー期限までに参加表明出来ないという失態をやらかしてしまい不参加でした。。。
残念〜、、(´・ω・`)

 

 


【バンド:流 / Ryu】NY Song 絶賛発売中♬ 試聴も出来ます。 iTunes: http://bit.ly/1b7OEiD  ブラウザで見る http://goo.gl/NIfXf4 NY Song アルバムジャケット

僕のソロも試聴・ご購入いただけます (・∀・)!! 是非、お聴き下さい! Free Trial Listening of My Tunes 😀

スクリーンショット 2013-06-08 21.54.36 1曲 ¥150 です / $ 1.29 each

各種 SNS アカウントでコメントできます