S660 見てきました♬ @Honda ウェルカムプラザ青山

FY15 になり、ついにローンチされましたね、S660 (・∀・)!!
実車を見たくて、初めて Honda ウェルカムプラザ青山に行って来ました♬

S660

前にも書きましたが、3台乗り継いできた Honda 好きです♬

  1. CR-X delsol
  2. 初代 Fit GD1
  3. 2代目 FIT RS GE8

Honda CR-X delsol

IMG_2114

にもかかわらず、ホンダの聖地の一つ、ウェルカムプラザ青山は初めて。
S660 の実物を見たかったのです (・∀・)!!
理由は 2つ。

  1. 単純に実物を見たかった。とりわけ、大きさ感の確認。
  2. ラゲッジスペースがどのくらいあるのか?

1 実物の大きさ感の確認等

ウェルカムプラザに到着すると当日雨だったからか、屋内に特設展示してあるからか、屋外に S660 はありませんでした。
現行の FIT 柿 RS があったので写真でも撮ってやろうかと思ったら、人が乗ってた、、w

逆に中に入るとスグに S660 の特設展示コーナーがあり、いきなりテンションマックス♬

Honda S660

カッコええ (・∀・)!!

フロントビューは、なんだかんだ言ってビートの正当な後継車であることを雄弁に物語っていますね。

S660 rear

一方、リアのスタイリングは超トンガっていて、軽自動車でありながらここまでブッ飛んだリアビューの車は他にないかと。

S660

惚れ惚れしますね。

気になる大きさですが、「意外と小さくない」ってか想像より割と大きいってイメージです。
どしてもビートのイメージがあったのですが、比べてだいぶ大きい気が。
実際カタログスペック的な大きさでもビートより長さ・幅・高さいずれも 10cm くらい大きくなっていることに比べ、その後の 20年でホンダの基本コンセプトの Man maxmum, machine minimum が進んだ結果かもしれません。

S660

思ったほど小さくなかった S660、コクピット内もそれほど小さくなく感じました。
ちなみに、ここホンダウェルカムプラザ青山、展示車いじり放題なんですね♬

乗り込んでみました。

ドアを閉める音が、ウチの RS よりも高級っぽいw

そして、

 

低い!!!

 

座面が超低い death!

これにはビックリ (・∀・)!!

マジ、まるでカート。
乗り降りってか、まるでカートに、レーシングカーに「乗り込む」感じ。

以下、S660 のサイトから引用。

地を這うゴーカート感覚の追求。

地を這うゴーカート感覚の追求。

ヒップポイントを極めて低くし、さらにヒップポイントからペダルまでの間隔を長くとり、ペダルを前方に設定することで”ペダルを前に踏み込む”姿勢に。
低い視線で、より車速を体感しやすく、クルマの挙動をダイレクトに感じ取れるゴーカート感覚を追求した。

地を這うゴーカート感覚の追求

引用終わり

この表現↑を身を以て体感しました♬

S660 interior

乗り心地もホールド感がとても良く、こりゃホントに走ってみたくなります♬

MT とパドルシフトが展示してあったのですが、乗り込んだのは MT。
クラッチを踏んでレバーを操作してみると、エスニ(S2000)のカッチリした剛性感のあるシフトフィールを踏襲しています。

これまた久々マニュアルトランスミッション乗りたくなってしまうなぁ。
(ちなみにウチの RS はパドルシフトなのでクラッチを踏んでカコンカコン変速するレガシーなタイプではないです)

特に狭いという感じもなく、2名乗車したときに感覚も良さげです。
程良い距離感←ですね♬

しかし、内装の雰囲気は昔のデルソルの頃から変わらないなぁ〜、ホンダさん。。

 2 ラゲッジスペースの大きさ

さて、もう一つ気になっていたラゲッジスペースです。
S660 のサイトがローンチされた瞬間、隅から隅までチェックしたのですが、どこにも記載がなくて確認出来なかったんですよね。
諸元/スペック的な容量ℓも表示がなくて。。。
(´・ω・`)
サイトからマニュアルも PDF でダウンロードしたのですが、そちらでも分からず、こりゃ実機でチェックするしかねーな、と。

しかし、ここ、良いですね。
ボンネットも開け放題w

S660

**エスロクロクマル** はエンジン後ろ置きの MR(ミッドシップ)です。
後ろのボンネット内はエンジン等メカしかありません。
一方、フロントボンネットを開けた絵が↑

中央にユーティリティーボックス。
他に、荷物をしまえるスペースは、、??

 

答:なし。

 

では、ユーティリティーボックス内は?

S660 utility box

答:幌をしまうとほぼいっぱい。。

 

(´・ω・`)

 

という訳で、ラゲッジスペースに関する記載が漏れていたり、なかったりって訳ではなく、 **ラゲッジスペースそのものがない** んですね、、、

(´・ω・`)

やっぱり。。。

 

僕がデルソルに乗っていた時は、いちいち電動トランストップを開けるのが面倒で、シートの背面スペースにバッグやら買い物した荷物などを置いていました。
結構なスペースがあって、あまり大きな荷物でなければ日常的にはこれで充分足りました。

話それますが、2シータの CR-X del sol でキャンプに行ったコトも何度かあります。
荷物、結構積めました。

そういう背面スペースが S660 にもあるかどうか。
これを見極める為に、シートに乗り込んで、位置決めをした結果。。。

S660 seat back

色が黒なのでちょっと分かりづらいですが、、

結論、あまりスペースありませんでした。。

もう徹底的に無駄を省いてるんですかね。
僕が普段オフの時に使っている PORTER のショルダーバッグなら置けそうですが、仕事の時に使っている無印良品のビジネスバッグは入らなそうです ぐらいのスペース。

スーパーで食材買っても、もう置けないぐらい。

こうなると、2名乗車時はちとツラたんですね。
あとは、助手席の足下に多少置けるかな〜程度です。
1名乗車なら助手席を荷物置き場にしてソロキャンプとかも行けそうですが、、

と言う訳で、S660 は、「買ったらどういう風に使うか」って考えた方が良さそうです。

既に、今購入手続きしても納車は今年中にされるかどうかぐらいの勢いという S660
買える買えないはまぁ置いておくとして、元マニュアルのオープン 2シーター乗りの僕としても非常に興味あります。

が、ここはちょっぴり落ち着いて、2016年ローンチと噂されている S1000 や S1300 のリリース情報を待ちたいところです。
でも、S660、クールなのは間違いありません♬

 


【バンド:流 / Ryu】NY Song 絶賛発売中♬ 試聴も出来ます。 iTunes: http://bit.ly/1b7OEiD  ブラウザで見る http://goo.gl/NIfXf4 NY Song アルバムジャケット 僕のソロも試聴・ご購入いただけます (・∀・)!! 是非、お聴き下さい! Free Trial Listening of My Tunes 😀

スクリーンショット 2013-06-08 21.54.36 1曲 ¥150 です / $ 1.29 each

各種 SNS アカウントでコメントできます