【iPhone】タイムラプスムービーが面白い

iOS 10 の頃からでしょうか。iPhone でタイムラプスムービーが作成できるようになったのは。
今回初めて使ってみたらとても手軽にできて面白かったです。

<AD/広告>

タイムラプスとは / 以前のタイムラプス

タイムラプスムービーとは、昔は微速度撮影なんて言ってましたが、コマ撮りした静止画を何枚も繋げて作ったムービーのことです。
本来長時間かかっている撮影期間をギュッと圧縮したカンジで滑らかに表現します。

実際以前は何百枚も何千枚も普通の写真を撮影して、それを動画の一コマ一コマに割り当てて作成しました。
ご参考までに僕が以前作ったタイムラプスムービーをサクッとご覧下さい。

7年程前 2011年に作ったものですね。この頃は自分の指で(実際にはレリーズ/ リモコンで)何百枚もシャッター切って撮影するのが超大変でした。当時はまだ NikonD3200 じゃなくて D60 を使っていたのですが、シャッターを切る都度ガシャーンとミラーが上がる一眼レフで何百枚も続けて撮ったのでカメラにダメージがあったんじゃないかと心配になるくらい、、

三脚に乗せたカメラを台車に載せて、少しだけ動いては撮影を繰り返していたので「この人、何しているんだろう?」と奇異な目で見られたりも、、、
ちゃんとした撮影用のレールとかじゃなくてフツーの荷物運ぶ台車を使っていたのでw

仕上げ自体はタイムラプス作成用のフリーソフトがあったので、設定決めたらボタンをポチぐらいの簡単さで出来たのですが、とにかく撮影が大変でした。

iPhone インテリジェントタイムラプス

それが今では iPhone で簡単に撮影すれば即タイムラプスムービーが出来上がっているので便利な世の中になったものだw

iPhone のカメラのモード選択でタイムラプスを選ぶだけ。 以上。

ここで疑問が。各種設定はどこでどう出来るんだろう??
カメラにも設定にも見当たらず、、、

調べてみると撮影間隔フレームレート等の設定は出来ませんでした!!
全て iPhone にお任せです! 潔いけれど、ビックリ、、

じゃあどういう仕様になっているんだろう??
これもアップルでは公表しておらず、色々試行錯誤した人によると撮影時間が長くなるにつれて撮影枚数が少なくなる・撮影間隔が長くなるという設定が入っているだけのようです。
いわばインテリジェントタイムラプスともいうべき iPhone のタイムラプス。
煩雑な・分かりにくい設定は省いて、最大公約数的に多くのユーザーが簡単にハッピーな結果が得られるようなサービスの提供の仕方ってところですね。

車載動画を撮って短くまとめたものがコチラ ↓ ですので是非ご覧下さい。

iPhone のタイムラプス所感

僕の所感としては、

  • 市街地やゆっくり走るワインディングでは滑らかな動画になって楽しい
  • おそらく変化の少ない高速道路も同様
  • テンポ良く走れるワインディングだと変化が激しくてちょっと見づらくなる
  • 道の両側が開けてなくて見通しの悪い道路・ワインディングも同様

iPhone のカメラでタイムラプスを選んでスタートボタンをタップするだけというシンプル極まりなさなので、とにかく手軽に撮れます・撮りたくなります。

iPhone タイムラプス推定仕様

この ↓ タイムラプスはつくばエクスプレスで満員電車の先頭車両に乗った時にすることってか出来ることもなかったので北千住から終点秋葉原まで撮ったものです。
(北千住までは本当に超満員でムリ)

実際には 10分程かかる北千住〜秋葉原間が 23秒にまとまっています。

  • 600秒を 26倍に圧縮して 23秒にまとめたイメージ
  • フレームレートは不明だが仮に 30fps だとすると、
    • 23秒✕30フレーム → 690枚撮影している
    • ∴ 撮影間隔は 0.87秒ごと

確かに撮影しているところを見ていると、そのくらいの間隔でシャッターボタンの周りをインジケーターがクルクル回っていますね。

タイムラプスの使える iPhone をお持ちでしたら、三脚に固定するとか動かないようにホールドする等して是非楽しんでみて!

<AD/広告>