4台目の Nikon 一眼レフカメラ D3200 購入顛末

僕にとっては 4台目となるニコンの一眼レフカメラ D3200 を購入しました (・∀・)!!
紆余曲折あったのでここに記しておきます。


これまで使っていた D60 を修理見積りに出したんだけど、結局「うん万うん千円かかります」とそれなりに費用がかかるという回答だったので、「では修理不要です。そのまま戻して下さい」とお願いした。
それだけの出費が必要なら、D3200 に買い換えよう。

なお、D3200 は 今まで使っていた D60 の何世代か後継のモデルで、現行の Nikon のデジタル一眼レフカメラの中では割と基本的なモデルにして、必要十分な機能が備わっている。


4/25木、秋葉原のヨドバシカメラ aka ヨドバシ Akiba へ。
まずは、修理見積りに出していた D60 を受け取る。
そして、カメラ売り場へ行き、D3200 のボディのみ購入。

昔は一眼レフカメラと言えば、シルバーが主流だった。
ベトナム戦争以降、ブラックボディも仲間入り(←想像)
最近のデジタル一眼レフカメラは、ほぼブラックのみだったと思ったらその後数年(多分 6年位)の時代の移り変わりで、レッドボディなんつーのも出ていた。
「レッドちょうだい」

ヨドバシカメラではボディのみ 4万5千円程だったが、これに標準ズームの 「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」が付く「レンズキット」が 5万円ちょっとだった。

 

 

マジすかッ!?

 

心の中で叫んだね、オレ。
だって、そのレンズ単体で 3万7千円の定価がついてんのよ。
それが 5千円程で付いてくる計算だ。
どういうカラクリだよ、、、??

店員さんにも勧められてグラっと心が揺らいだ。
迷ったけど、結局ボディのみ購入。
なお、このレンズキット 5万円ちょいのスペシャルプライスは、明日までの特価 とのこと。


帰宅するとスグに D3200 を箱から出した。
「イエェ〜 (・∀・)!!

標準レンズは修理見積りに出していた D60 に付けっぱなしていたので外そうとすると、件の壊れたボディの欠片がセロファンテープで貼付けられていた。
長さ 1.5cm 程でけっこうデカい。
DSC_5243
ピントが合っていないので分かりづらいかもしれないが、画面中央やや下に写っているのがそのカケラ。

「こんなのがシャッター機構に挟まっていたんじゃ、露出がちゃんと決まらなかったり、黒い影が写り込んだりも当然だよなぁ〜
ちゃんと取り除いてくれたんだ〜」

などと思いつつ次の瞬間、

 

ちょ、コレ、異物取り除いてくれたんだったらイケるんじゃね??

 

 

そう思って早速試してみた。

DSC_5237

なんか問題なさそう。
今まで写り込んでいた黒い影もないし、露出も適正 (・∀・)!!
買って来たばかりの D3200 ボディも撮ってみよう。

DSC_5252 DSC_5238

iMac の 27インチのディスプレイ一杯に映してみたけれども、特に傷なども認められず、オレが見る範囲では特に問題なさげだった。

もしかしたら業者レベルだと何か問題が認められるのかもしれないけど、オレが使う常用レベルでは違和感は感じられない。

ってことは、費用もかからなかったし、D60 のままで OK?
D3200 は返品か?

ヨドカメに電話して聞いてみると、未開封・未使用でも原則返品は受付けないけど、まぁ実際には商品見ての判断になる とかそんな回答だった。
なお、ヨドバシ.com の場合は通販なのでクーリングオフの縛りがある為、未開封・未使用なら一週間以内の返品は受け付けるらしい。
また現物持って行って相談 だな。


翌 4/26 金、実質費用かからず D60 が復活して本来喜ぶべきところだが、何だかテンション上がらない。

そりゃそうだよね。
後継の D3200 はこの数年間の技術の進歩・進化で基本性能が相当アップしている。
当然お金はかかるケド、これを所有出来たかもしれないのがナシになるんだからなぁ〜

今後再び D60 を使い続けることを想像するに、D60 には申し訳ないんだけど、正直テンション上がらない。
不調に陥ったのは、昨年札幌に滞在していた最終日、2012年12月8日だった。

その後、なかなかアクション起こさず、もっぱら iPhone 5 で写真撮ってた。
サスガに一眼レフとは比べるべくもないが、かと言ってそんなに悪くもなかったので、まぁ用が足りていた。

その後  4ヶ月半この状態で過ごし、D60 が復活したからといって、またガッツリ使うようになるだろうか??
正直、まったくテンション上がらなかった。

まぁネカチモならこんなことで悩まないし、買い換えるのも D3200 みたいな基本的な機種じゃなくてもっとお高いモデルにするだろうケド、、、

現実的には結構悩んだ末、D3200 をこのままキープすることにしたい という結論に至った。

こういう時の判断メソッドとして最近好んで活用しているのが、コレ↓ (・∀・)!!

このツールはスゴい便利なので皆さんにもオヌヌメしたいんだけど、ひとつ注意が。
テンションの高い方を選択すると、往々にして出費の大きいオプションになりがちなので、そこは注意して冷静な判断をすべしw

夜、カミさんが帰宅すると相談。

「まぁ今後数ヶ月お前の小遣いから 1万円ずつ引くから別にいいし」 と許可いただけました♬

ありがとう (・∀・)!!


こうなったらなったでまた悩ましい点もあった。
結局一眼レフカメラを 2台所有することになる。

あのレンズキット、破格で良かったなぁ。。。

2台あればももののちゃんも使うようになるかもしれないし、あの標準ズームあると良いなぁ。
でも、特別価格、今日までだったし、、、

またヨドバシアキバに電話した。
前回、「返品のみでお金返してもらう」は極力受けたくないカンジだったけど、「交換」ならまぁ良しってカンジだった。
特に値段が上がる交換なら。
で、ここからが問題だけど、価格を聞くと、既にレギュラー価格に戻っていて 5万6千いくら とか、、、
「昨日までのスペシャルプライスでお願いできない?」と訊くと、「その辺はお電話ではアレなんでごにょごにょ」
なる程、了解しました。

という訳で再びヨドバシ Akiba に行くことにした。
なお、あの標準ズームが 1万円超だったら、単焦点の標準マイクロレンズを買うだろう。
お値段 2万円くらいかな。


4/27土、再びヨドバシカメラに行くと返品・交換快く受けてくれた。
お値段も前日までのスペシャルプライス、5万600円 (・∀・)!!

あと、カメラバッグ、クランプラー 3 Million Doller も購入♬

カミさんから、今までの D60 の扱いが乱暴・雑だった、ケースを購入するように とのお達し。
で、カメラ専用バッグを検討。
ホルスター的に使う。

ヨドバシにはカメラバッグも沢山あって悩んだ。
他に検討したのは、Lowepro / ロープロ カメラバッグ トップローダーズーム50AW シーブルー 361869

とか、オレらアウトドアズマン大好きモンベルのカメラバッグ。
さんざん悩んだ。。

ここでもこの判断メソッドを活用↓ (・∀・)!!

で、Crumpler にした次第。 7350円ナリで比較検討した中では一番高かったw

コレをホルスター的に使うので、ハンドグリップも購入。
首・肩から下げるストラップは使わず、手首にかけるコイツを使うのだ
(・∀・)!!

 

という訳でようやく落ち着きました、D3200 購入の顛末w

IMG_2791
向かって左のブラックボディが今まで使っていた D60
今回買って来た 18-55mm の標準ズームを付けてみた。
向かって右の赤ボディが今回購入の D3200。
35mm F1.8 の単焦点標準レンズを付けています (・∀・)!!

そして D3200 が僕にとって 4台目のニコンの一眼レフカメラになりました♬
IMG_2795
真ん中が名機 Nikon FE (・∀・)!!
もう 30年位前のフィルムカメラです♬
この前に初めての一眼レフカメラ、ニコマート FTn ってのがあった。


————————————————————————————————-

僕の曲が試聴・ご購入いただけます (・∀・)!!
是非、お聴き下さい!
Free Trial Listening of My Tunes 😀

スクリーンショット 2013-06-08 21.54.36 1曲 ¥150 です / $ 1.29 each


コメント

  1. 私も最近、D3200を購入しましたが、先日親戚の結婚式で暗い所で合焦が遅くてイライラしました。レンズは18-105㎜のズームです。その前、朝方6時頃(あまり明るくない)花菖蒲を撮りに行った時もなかなかピントが合わずなんだこりゃと思いました。レンズは50-300のズームでした。EOS60DとペンタのK5とオリンパスのE620も使っていますが、どのレンズを使ってももっと合焦が早く、がっかりです。それとグリップ上の赤いワンポイント(?)あれを個人的に止めて欲しいと前から思っていました。

    1. あばたもえくぼ様
      コメントありがとうございます。

      ピント合わせのスピード、僕は気になったことがなかったので、今さっき試してみました。
       朝 5:10
       天候:曇
      薄暗い中で室内、ベランダで色々なものにピント合わせをしてみましたが、結果、どれも瞬時にピントが合い、なかなかピントが合わずにイライラということはありませんでした。

      その人の使用用途や感じ方にもよると思いますし、確かにオートフォーカスが苦手とする対象や環境もあるので、そんな時はマニュアルフォーカスを使うのも手かもしれませんね。

      ありがとうございました。