道の駅信州蔦木宿キャンプ 2日目 & 入笠湿原ハイキング

初日の様子はコチラ

笛吹川フルーツ公園、信州蔦木宿キャンプ 1日目 | Yoshiyuki Harigae.com
信州の夜は結構涼しくてビックリした。
ここ蔦木宿は標高 721m とのことでそう高い訳ではないんだけど、もう信州全体的に涼しいカンジなのかなw

それでもテントの中はやや蒸し暑くちょっと寝苦しかった。
もう少し通気を良くして室温は下げつつ寝袋に入った方が気持ち良く寝られたかな。

夜明け前、結構な雨が降ったがテントの中は快適だった♬
そんなこんなで何度か目が覚めながら早朝起床。
雨はパラパラとほとんど気にならない程度。

時間がもったいないのでもーちゃんも起こして行動開始!
いつもは寝起きの悪いもーちゃんもスグにシャキっと起きた♬

 

テントはコールマンの Active Dome Ⅲ
地面が固くてペグダウン出来なかったけど、お隣のように石を使えば良かった。
こういう雨の時は全室のスペースもちゃんと確保したい。
朝食はココイチのレトルトカレー。
ご飯もカレーも(多分去年)「上高地に行くぞ~」と用意しておいた物。
賞味期限は、、まぁ大丈夫だろうw
ところで、写真のコンロはプリムスなんだけど、プリムスのガスがなくなったった。
しょうがないんで、本当は好ましくないんだろうけど、スノーピークのカートリッジを使った。
まぁ、元気よく燃えてくれた♬

ご飯は熱湯で15分温めなきゃいけない。
コンロ弱火で温めている間、川原に行こう!!!


テンカラ釣りをしている人がいた。
オレも釣りしたいなぁ〜
昔フライに凝ってたんだけど、その後やらなくなってしまった。
復活させたい♬

天気も良くないし結構涼しかったけど、もーちゃんはしきりに川で遊びたがった。
ま~オレもだけどねw
残念だけど、帰りの渋滞が恐怖だったので川遊びは断念して軽く散歩程度。


一回りして戻るとカレーを仕上げて、いただきました。
キャンプで食べればレトルトでも美味しい♬

テント等片付けて撤収して今日の目的地、富士見パノラマリゾート~入笠山(にゅうかさやま)へ向った。
蔦木宿からは車で15分程。スグだった。

到着すると天気の悪い中、何やら MTB の大会が行われていた。
入笠山を見上げると、真っ白な雲の中だ。。。
ゴンドラのチケット売り場で上の天気を尋ねると、「雨ですね。。」

相当悩んだ。正直、ゴンドラ代も安くはない。
もーちゃんに聞くと、雨でも入笠山に登りたいとは言っているが、登って真っ白&雨ザーザーだったらもったいない。
不思議なことに八ヶ岳方面は晴れてるんだよね、、、

ここは天候関係ない小淵沢のアウトレットモールにでも行こうか?
さんざん悩んだ末、そう決めて車を小淵沢に向けて走り出すとピカーンと晴れているんだよね~、、、
イヤ、入笠山は相変わらず厚い雲の中なんだけど、八ヶ岳は晴れてるし、その間の国道20号も晴れている。
「このまま晴れのエリアが入笠山方面に移動して来たら、やがて晴れてくるかなぁ、、、」
またしても悩み、再度 Uターン。
せっかく来たんだから、登ろう。入笠山に。
富士見パノラマリゾートに戻った。

ゴンドラは急だし速いし、高所恐怖症のオレとしては結構コワかった。。
上の駅に着くとやはり白い雲の中。涼しいっていうか寒い位だった。
でも、キモチ良かった♬
山の中の空気はやっぱり格別だ。
雨は傘は要らない程度。

森の中に入って行くと、いよいよアウトドアの気持ち良さがいや増した。
ちょっと天気は悪いけれども、思い切って来て良かった。
やっぱり山の、森の空気は格別だし、雨でそれが更にリフレッシュしたカンジだ。
天気が悪いので人もあまりいなくて時折出会う程度だった。

10分程歩くと入笠湿原に到着。
木道の上を歩く。
湿生植物の中に白樺が林立して、まさに高原の湿原の趣き。
あまり広くはなく、直径 200m 程のイメージ。
真ん中を横切ってしまえばすぐだが、花や白樺など眺めたりしながらゆっくり歩いた。

 

入笠湿原を超えると、いよいよ入笠山を目指す。
天気は残念ながら相変わらず悪く、雨が降ったりやんだりなカンジ。
八ヶ岳を照らしていた晴れのエリアが入笠山まで移動して来てくれれば良いのだが、、、
もーちゃんの体力的にも頂上まで行けるかは分らないが行けるところまで行ってみよう。

途中林道や山小屋があり、駐車場に車も停まっている。
アレ?ここまで車で来られたの?と思うとちょっと拍子抜け。
お花畑でも花を愛でたり写真を撮ったり。

お花畑の最上部まで行くと、残念だけどここで下りる決断をした。
天気は晴れてくる様子もなく、どちらかというと悪くなっている。。
もーちゃんも今日はここまでで下りたい と。
これが晴れて景色も良ければモチベーションも上がるんだろうけれども、、、

頂上まで登らず時間に余裕が出来たので、入笠湿原に戻るとゆっくりと写真を撮ったりした。
しかし、こういう時・所の白樺は雰囲気があって本当に良いですね〜♬


オレもメロイックサイン決めてみたよ(・∀・)!!

再びゴンドラに乗ると不思議と下りはリラックスして向いの八ヶ岳の素晴らしい景色にひたすら感動しながら下った。

ゴンドラのチケットの特典としてついていたソフトクリームの割引券を使って名物のルバーブソフトをいただいた。


甘くて美味しかった。

帰りの渋滞が怖く、12時にはこちらを発ちたかった。
ナビに導かれ諏訪南ICから中央自動車道へ。
好調な滑り出しと思われたが、甲府盆地を超えた辺り、ちょうど昨日中央道を降りた一宮御坂の辺りから既に渋滞。。
ここからが酷かった。

高速道路の意味がないので国道20号/甲州街道に下りてしまいたかった。
「なるべく20号に接近したところで」とか思っていたら、なかなか下りられず結局上野原まで来てしまった。
遅くなってしまったが休憩も兼ねてお昼ご飯を食べたかった。
でも、ここら辺かなり辺鄙でお店もないのね~、、、
もーちゃんが「パン食べたい」と言うので途中うまいことあったセブンイレブンでパンなど買い、トイレを借りて再び出発。

国道 20号もまぁ結局渋滞。
なぜか所々スイスイ流れつつも、基本的には渋滞。
中央道の渋滞ポイントの小仏峠。
そういえば 20号ではどうやってパスしてたっけ?などと思っていたら昔良く通った大垂水峠をパスして懐かしさに感激。
この辺はキモチの良いワインディングロードだし結構流れていたので楽しかった。

高尾山を越えると20号も市街地に入り、時々流れたり、時々渋滞したり、でもずっとヒドい渋滞というコトもなく、まずまずだった。
でも、基本ゆっくりで距離があるのでやっぱり時間はかかった。。
日野、府中、調布とノロノロ進み、やっと環八と交わり高井戸。
中央道が終わって首都高からまた高速道路に復帰。
スグに永福 PA に入って最後のトイレ休憩&作戦を立てた。

首都高に入ってからはホント、今までの渋滞なんだったの?ってぐらいスイスイス~だった。
西新宿 JCT で左に折れ、首都高中央環状線へ。
北区に入って隅田川・荒川をパスして江北 JCT 経由、荒川に沿って小菅 JCT へ。
ここから首都高 6号三郷線に入ればもういつもの馴染みの経路、流山まではスグだ。

イヤ~ 結局 7時間半かかった。
渋滞はイヤだけれど、終わってみれば不思議と楽しい往復 500キロの旅だった。
もーちゃんと二人だったから楽しかったのかな。

こういうキャンプ&旅&遊び、これからも続けていきます♬

■費用

  • 高速道路往路合計 6250円
  • 大戸屋ダイニング 3250円
  • スーパーで買物(バリュープラス甲府和戸店) 1637円
  • 蔦の湯、アイス 1100円
  • 入笠山富士見パノラマリゾートゴンドラ 2400円
  • セブンイレブン 1000円
  • ガソリン 33ℓ 4666円
  • 高速道路復路合計 4300円
  • 二日間合計 24603円