楽曲解説 / Commentary of Angry Hornet~The Flight of The Bumble Bee 組曲:熊蜂の飛行

■ Japanese(English commentary is at the bottom )

組曲になっています (・∀・)!!

導入部「アングリー・ホーネット」

前半の「アングリー・ホーネット」はオリジナルです。
僕らギタリストってヤツは、どうしてもこういうのを作らずにはいられないんですね〜w ←

エディ・ヴァン・ヘイレンEruption とか、ガイリー(ゲイリー)・ムーアEnd of The World の導入部とかそんなイメージです。
例えが古くてスミマせんw

後半部「熊蜂の飛行」

続く後半が有名なリムスキー・コルサコフの「熊蜂の飛行」です。
元は何なんだろう? ピアノ? ヴァイオリン?
ってぐらい多くの人が多くの楽器で様々なアレンジで演ってます。

モチロン僕は、メタル!なアレンジ (・∀・)!!
もともとメタルの曲だったんじゃないの〜ってぐらいウマくメタルアレンジにハマッています♬
是非、試聴してみて下さい。

実は演奏・録音自体は今を去ること 20年!!前の 1993年に当時の機材の 4トラックの倍速 MTR(メディアはカセットテープ!)と DAT を組み合わせてレコーディングしたものです。

DSC_0101

  1. MTR に 4トラック録ったらステレオ 2ch にミックスダウンして DAT に入れる。
  2. DAT の 2ch を MTR に移して、空いた 2トラックに新規録音
  3. 1.2. を繰り返す・・・

というフローで当時は作ってました。
録音→トラックダウンを繰り返す度に音質は劣化するし、バランスは録り辛いし、、、
今、ProTools で 100トラックとか使える環境は当時からすると夢のようですw

さて、この 20年前の作品を現在に蘇らせるに当たって、ProTools 8 を使ってちょっぴり音質補正をしたり等のリマスターを施しました。

気に入っていただけましたら、1曲 150円〜ですので下のリンクから是非ご購入下さい♬

■ English

This is “The Bumble Bee Suite”.

Part 1 “Angry Hornet”

It’s my original tune and introduction part for “The Flight of The Bumble Bee”
We, Guitarist, can’t help making this kind of tune.. 😀
Like, Eddie Van Halen‘s “Eruption” or Gary Moore‘s intro of  “The End of The World“.

Part 2 “The Flight of The Bumble Bee”

Rimsky-Korsakov‘s famous classical tune.
I made this with a touch of Heavy Metal taste.
This was recorded back in 1993.
Now I remastered it with ProTools 8, added some passion and heaviness. : D
Enjoy !

♬♬
————————————————————————————————-
僕の曲が試聴・ご購入いただけます (・∀・)!!
是非、お聴き下さい!
Free Trial Listening of My Tunes 😀

スクリーンショット 2013-06-08 21.54.36 1曲 ¥150 です / $ 1.29 each