札幌滞在記 Part 12 最後の夜~魂を揺さぶられた旅

2週間に及んだ札幌での仕事もいよいよ今日が最終日だった。

例によって朝食の写真からスタートw
IMG_1951
この期に及んでようやくおかずプレートを手前にした方が絵的に良いコトに気付きましたw

毎朝ヨーグルトとシリアル食べてた♬
今日も北海道の味噌汁ではなくてスープ / ミネストローネを選択。
コレは普通だったw
そして、北海道に来て初めてザンギを食べたザンギ ←
ザンギって言ってもザギンじゃないw
唐揚げ的なモノだ。
唐揚げとどう違うのか良く分からないが、とにかく美味しかったよ♬

そして最後にデカい地震があって驚いた gkgkbrbr

仕事の具体的な予定は夕方までだったので、あとはサクッと報告書を仕上げて早めにススキノに繰り出して最後の夜をエンジョイしようと思っていた。
でも、やっぱりレポート作成に力入ったw
2週間いてかなり深いところまで潜ってコンサルティングを行った。
情も移る。
最後に詳細な質の高いレポートを上げて今後に活かして貰おうと力も入って、結局クライアントの退社の 21時近くまでかかって仕上げた♫

で、遅くなったけど、すすきのへ。

札幌の街は碁盤の目のようになっているんだけど、すすきのだけは何故か最後まで方向感覚が掴めず、マスター出来なかった。
最終日にあてもなく彷徨い歩いて、ようやく分ったかなw

ホテルは札幌駅近くだったのに、ほとんど毎晩ススキノに来ていた。
ただ晩ご飯食べるだけで、あとはブラブラ彷徨っていただけなんだけど、知らない土地・自由な時間がたまらなく楽しかった。
魂を揺さぶられた旅だった。

最後の夜だと思うとけっこう長い時間ぶらぶらしてしまった。
氷点下の気温はサスガに冷えた。

前にも来た札幌ラーメンとぐちに入った。
この旅程で 2回同じ店に入ったのはとぐちだけだった。
IMG_1954

毎晩ホテルに帰ると大浴場で温まったが、最後の夜にして初めて閉ってしまう 25時に間に合わなかった。
これまで洗濯にしか使っていなかった自室のバスタブに初めて浸かったw